#memo

indiedev太郎

Houdini Engine for Unrealの紹介

Unreal Engine 4 (UE4) Advent Calendar 2017 14日目の記事です.
Unreal Engine 4 (UE4) Advent Calendar 2017 - Qiita

ゲーム制作のパイプラインにおいて, Houdiniという単語を目にすることも珍しいことではなくなってきましたが, 今回はUnreal Engine内から直接Houdiniの機能を使用してレベルデザインができるようになる, Houdini Engine for Unreal についての簡単な紹介を行いたいと思います, UE4アドカレなのですが…

前書き

このPluginの導入により以下のようなフローが構築できるようになります

  1. Houdiniで何らかの処理(プロシージャルモデリングなど)を作る
  2. UE4用に, StaticMeshやParameterなどを公開する
  3. アーティストがUE4上でStaticMesh, Parameterを指定してレベルデザインを行う

Houdiniの機能にUE4からアクセスすることができ, ソフトを行き来することなく, アーティストがUE4のみで, Houdiniの機能を利用したレベルデザインが可能となります
具体的には以下のような作業となります

  1. Houdiniでなんらかの処理を作る
  2. この処理を.hdaファイル(Houdini Digital Asset)に書き出し
  3. UE4にuassetとしてhdaをインポート
  4. レベルエディタでインポートしたhdaを配置
  5. Houdini Engine for UnrealでStaticMeshを生成

Houdiniには無料評価版(Houdini Apprentice)があるのですが, UE4で扱える.hdaファイルの書き出しは, Indieライセンス(年$199)以上の機能となっています
非Houdiniユーザーには少々敷居がありますが, ApperenticeでもHoudiniPluginの有効化とサンプルファイルの読み込み, 30日間の試用による具合の確認はできるので, 以前からHoudiniに興味があったような方もお気に留めていただければと思います

続きを読む